不用品の回収方法について

あなたは今年間に自分がどれほどの量のごみを出しているか把握しているだろうか。
ごみの量は平成15年から毎年少しずつ減ってきており、当時と比べると何倍にもごみの量は減ってきている。
今なぜここまでごみの減少をすることができているのだろうか。
今回は日本がここまでの取り組みを行なうことができた不用品回収について紹介していこうと思う。

ごみ処理の有料化


当時はごみを出すことにお金をかからないものもあった。
しかし、今ではほとんど全てが有料となっており、ごみを極力出さないようにするという気持ちを自然に引き上げるような施策をしていたのである。
また、ゴミ袋も以前よりも価格を上げ、今まではゴミ袋を簡単に買ってごみを捨てることができていたが、地方自治体が決めているゴミ袋の価格を上げることで、ごみを捨てるのにもお金がかかるという感覚を作り出したのである、

廃品回収

この活動は各地方自治体を中心に小中学校学校を使って主にやっている。
今では廃品回収という良い方は減り、資源回収という呼び方をするようになっている。
この廃品回収の目的は、集めた廃品から再生可能な資源を見いだし、再生することが目的である。
主な回収の対象となるものは、新聞紙や段ボールなどの紙資源の他に、車のタイヤや空き瓶などが一般的に回収されているものである。

地方自治体の回収

各市町村で定められているごみの捨て方に沿って、粗大ごみ回収は行なわれる。
粗大ごみの種類によって、回収の価格が異なっており、時間指定と指定された場所さえ確認できれば、あとは回収してくれるというサービスである。
今は粗大ごみの不法投棄がとても目立つようになってきているので、あなたもその一員になってしまうぬよう、基本的な不用品の処理の仕方を理解しておくことをお勧めする。

民間の業者に依頼をする

今流行っているのがこの民間の回収業者である。
地方自治体に依頼をすると時間や場所の指定に融通が利かないが、民間の場合は時間こちらに合わせてもらえ、かつ回収をするために部屋まで来てくれるという、至れり尽くせりである。そのため、少し金額は地方自治体に比べ上がってしまう部分もあるが、コストパフォーマンスは確かに良いので、もし不用品を回収してもらいたい場合は、ぜひ検討してみてはいかがだろうか。

今までにごみの処理量が減ってきたのは、上記のような取り組みが継続的に行なわれてきたからである。
そのため、これからも継続的に行なっていくことはもちろんのこと、更に出さない工夫をしていくことが必要である。